ネットショップ開業の基本

ネットショップ開業の基本

1. ショップ開業に必要なもの

パソコン、デジカメ、回線などの基本的な環境を整えるということは、大前提ですので、ここでは省略します。
ネットショップを始めるために必要なものは、まずは商品と、「想い」です。
なぜその商品を売りたいのか明確にし、ショップの「核」を作りましょう。
「核」ができたら、次にそれを販売するためのネットショップサイト(ホームページ)を作りましょう。

1.ネットショップを作るための準備

ショップを開業する場所を借りる
  • 商品写真の撮影
  • 商品を紹介する原稿作成
  • 決済方法と配送方法の決定
  • 商品の梱包方法や包装材決定及び手配
これだけ準備できれば、とりあえずネットショップを開店することができます。 開店準備ができたら、ここからが本番です! あなたのお店で扱う商品を売るために最も重要なコンセプトを考えましょう。

2.商品・サービスのウリを見つける

コロナの影響で、オフラインからオンラインへの関心が強まっている今、ネットショップの店舗数はどんどん増えていて、ネットで売っていないものはない!と言ってしまえるくらい、ネットショップでは法律で許された範囲のあらゆる商品を扱っています。
洋服、家電、食べ物は当たり前、かわいいペットの墓石までも、ネットショップで手に入れることができる現在、ショップの推しを前面に押し出して、他店と差別化することはネットショップを成功させるための最重要課題となります。

3.推しの売りは何ですか?

コロナ禍が続く今、消費者の行動・ニーズは日々変化しています。
コロナで特に打撃を受けたのが、外食産業をはじめとする実店舗を収益基盤とする事業です。繁華街から人が消えたうえに、休業要請や時短営業要請も追い打ちをかけ、耐えきれずにコロナ倒産した実店舗も多く見られます。

そんな中で、ある洋菓子店舗が過去最高の売り上げを記録したという記事がありました。
こちらの店舗は、コロナ禍の前からYouTubeでケーキ作りの動画をアップしていて、それが徐々に話題になり、ここに来てオンラインショップやデリバリーで売り上げが跳ね上がったという事です。

YouTubeの動画と、もちろん味がこの洋菓子店の売りという事です。

もう1例、ある有名観光地一帯に店舗を展開する和菓子店チェーンの事例です。
こちらの和菓子店も緊急事態宣言下全店舗の営業を停止し、その後徐々に営業を再開したところ、お客様が戻ってきた店舗とそうでない店舗の差がくっきり出たという事です。 お客様が戻ってきた店舗は、繰り返し買いに来てくれる地元の方々が多く、そうでない店舗はその日限りの観光客がメインでした。 このことから、顧客とつながっている店舗がコロナ禍の中でも、生き残りに成功したという事が言えます。

つまり、この和菓子店チェーンの売りは、「顧客とのつながり」という事になりますね。

あなたのネットショップでは何を販売しますか?そしてその商品の一推しの売りは何ですか?

4.ターゲットの選定

商品を売るために、ターゲットの選定も重要です。

属性方式

  • 年齢、収入、家族構成、購読雑誌などでターゲット像を絞り込む方法です。

リアルターゲット方式

  • お店一番の商品を買ってもらいたい!と思えるお客様を思い浮かべながら戦略を立てます。 この商品を求めている方は?
    この商品を買うときっと幸せになれる!
    その方を思ってラブレターが書ける、くらいの気持ちを持てるユーザーがターゲットとなります。



5.キャッチコピー

「ウリ」「ターゲット」が決まったら「キャッチコピー」とコンテンツを考えます。
商品やサービスの「ウリ」を整理出来たら、それをどう表現するかを考えます。

買う人が魅力に感じることは何?ここでは売る側の気持ちを伝えるのではなく、顧客目線で考えることが大事です。 買う人はどんなことを言われたらうれしいか、魅力に感じるか、この商品やサービスについてどんなことを知りたいと思っているか、自分自身が何も知らない顧客になったつもりで考えます。
ここが最も難しいところです。売る側は「分かりすぎている」のです。「当たり前」と思っていることが案外顧客には理解されていないのですが、大事なところを説明しないでいきなり「これはいい商品なのだ」を語ってしまいがちです。
まず必要なのは、「どんな人がこの商品やサービスを必要としているのか」「必要としている人たちは何が知りたいのか」を考えることです。

サイトや商品ページに訪れたお客様は

  • 自分に関係がある商品か
  • このまま読み進める価値があるか
などを、たった【 3秒 】で判断しているといわれています。 そのわずかな時間で、商品に興味を持ってもらわなければ、お客様はどんどん離れてしまいます。 商品の魅力を端的に説明し、購買意欲を高めることができる有効な言葉、それがキャッチコピーです。

商品の「ウリ」「サービス」「キャッチコピー」が見つかったら、次に商品をアピールする具体的な方法を検討しましょう。



ネットショップは写真が命

お客様がその商品を買うか買わないかの判断材料として、写真は最も大きな役割を担います。
きれいな色のお皿が売りのお店の商品写真の色がくすんでいたら・・・
新鮮で美しいお花で作ったブーケが売りのフラワーショップの写真がぼけていたら・・・
せっかく考えた一推しの売りも伝わらず、お客様も商品の魅力を感じることができないで、購入意欲をもって訪問していただいたにも関わらず、他のお店に行かれてしまうということも良くある話です。
お客様が思わず目をとめる写真を撮りましょう。
ネットショップは写真が命!
写真でお客様の視覚をとらえたら、後は文章で心をつかまえましょう。
商品の特徴がわかりやすく伝わり、購買意欲をくすぐる文章で、商品の魅力をアピールする事も大切です。

商品が欲しくなる写真を撮る

あなたのお店がぐい飲みを販売するショップなら、どんな写真を撮りますか?
ぐい飲みの写真だけ無機質に撮影しても、お客様は購入するでしょうか。
商品写真と一緒においしそうな酒の肴や、ほっと心がなごむ一輪ざしや心あたたまるメッセージなどが添えられた写真を見たとき、「このぐい飲みでいっぱいやりたい!」と思っていただけるかもしれません。
どんなふうに撮影すればその商品の魅力が伝わり、お客様に欲しいと思っていただけるか、研究することは大切なことです。

とはいえ、素人が魅力的な写真を撮ることは難しいことです。
露出を補正したり、ピントを合わせたり、光を調節したり・・・。
そんなときは、プロに任せるのも一つの手段です。
ただ、撮影費を考えると、すべての商品をプロにお任せするのは難しい・・・ということもあるでしょう。自分で撮影する際の注意点やコツなどをプロのカメラマンから一度レクチャーを受けるだけでも、ずいぶん写真の出来が変わるものです。

続いて出店場所選択について詳しく見ていきましょう。


ページTOPへ