出店場所選択

出店場所選択

出店

売りたい商品、写真、文章が揃ったら、いよいよ出店の準備です。
あなたが扱っている商品・予算等々を考えながら、最も販売に適した出店形態を選択しましょう。
ネットショップの出店形態は、「ショッピングモール」「独立型ネットショップ」の大きく2つに分けられます。

街角に店舗を出すか、デパートや商店街にテナントで入るか、の違いだと思ってください。
街角よりデパートのテナントの方が当然、出店料は高くなります。
デパートや商店街は人通りも多く、黙っていても顧客は集まってきます。しかしどの店も同じような店構えで特徴はなく、目にとまりにくくなります。
街角に出した店舗は人通りが少ないので、チラシを配ったりクチコミで固定客をつないでいく必要があります。しかし、お店の独自性を出しやすいので顧客に覚えてもらいやすく、リピーターとしてまた来て貰える確率も高くなります。

どちらが向いているかは、個々のケースによって違います。


独立型ネットショップ

有料ショッピングカート

既に商品があり、店舗販売にもある程度実績がある企業や個人は、有料ショッピングカートを使用すると良いかもしれません。
自社のホームページから、ユーザビリティを考慮したカートへの導線を設定でき、デザイン面でも自由に個性を強調する事が出来ます。
カート使用料など固定費はかかりますが安価で、販売手数料などがかからないというメリットがあり、売れれば売れるほど収益が上がります。

無料ショッピングカート

ちょっとお試しにショップを作ってみたいという初心者には、無料ショッピングカートがお勧めです。
特別なPCスキルも不要で、サポートも充実していますが、集客力が弱く、売り上げが上がるほど費用がかさむというデメリットもあります。
デザインや、機能面で無料では満足できない部分も多く、結局有料プランを使用する羽目になるという点も考慮に入れる必要があるでしょう。


ショッピングモール

ECモール

大口出品可能な商品と、広告費などを支払う体力がある場合はECモールに出店し、圧倒的な顧客を相手に取引する事で、自社サイトとは比較にならないほど低予算で大きな売り上げを上げることが可能です。

では、続いて有料ショッピングカートについて詳しく見ていきましょう。
ページTOPへ